【第92回アカデミー賞授賞式】おめでとうポン・ジュノ監督!&私的ハイライトイラスト

『パラサイト 半地下の家族』が、アジア初の作品賞受賞の快挙!!超超超面白かったので、意外でもなんでもない受賞なんですが、ハリウッドの人は字幕が苦手と聞くので、その壁を超えての受賞はとっても嬉しかったです!特に監督賞のスピーチすごく感動しました。ずっと憧れていた人たちの中で、自分が受賞するなんてどんな気持ちだろう。胸が熱くなります。

ポン・ジュノ監督が、スコセッシ監督から影響を受けたことを話されていました。

「最も個人的なことが、最もクリエイティブなことだ。」偉大なるマーティン・スコセッシ監督の言葉です。

クリエイティブな仕事をする端くれの私も心に留めて置きたいと思います。

パラサイト 半地下の家族 感想

第92回アカデミー賞ハイライトイラスト
またまた、ドレスアップもすごく素敵で、来場時点からワクワクが止まりませんでした!

特に好きなドレスは、ナタリー・ポートマンのディオールのドレス!

女性監督の刺繍の件は賛否両論あるかなぁと思いますが、それを抜きにして繊細で女性らしいドレスですごく似合ってました!脚色賞の発表の時にティモシー・シャラメ君と2人でプレゼンターをやっていて、年齢差を感じさせないほど可憐でした^^

受賞後に、女性版ソー『ソー・ラブ・アンド・サンダー』の、タイカ監督×ナタリー・ポートマンの和気あいあいとしたやりとりがとっても可愛くって、公開がすごくすごく楽しみになりました!!

そして、ペネロペ・クルスのシャネルのドレスは、後ろ姿がすごく綺麗でシンプルなのに存在感がありました!ずっと変わらず美しい・・・!

日本公開を待ちわびている『ストーリー・オブ・マイライフ 私の若草物語』のシアーシャ・ローナンも可愛かった!
予告を観て、衣装と世界観が素敵すぎて楽しみにしていたので、『スターウォーズ EP2』や『美女と野獣』、『アンナ・カレーニナ』のジャクリーン・デュランさんが衣装デザインで受賞されて、とってもとっても嬉しかったです!!
調べてたら『1917 命をかけた伝令』の衣装もジャクリーンさんなんですね!気づかなかったけど、その視点でもう一度観てみたい!

“映画を観る”って、私自身は、その時の自分の視点や、感じ方を確かめるような感覚で観てるのかなと最近と思います。
なので、私は賞とか評論家の方々の意見にそこまで興味がなかったのですが、やはり作ったものを評価されるって、観ている方もすごくパワーをもらえますね!!
来年はどんな素晴らしい作品がノミネートされるか、今から楽しみで仕方ない!今年は、沢山映画を観て、また来年も授賞式をLIVEで見れたらいいなと思います。