女王陛下のお気に入り|映画イラストコラム|奇才 ヨルゴス・ランティモス監督のブラックユーモアたっぷりな豪華絢爛宮廷ドラマ

あらすじ

イングランドの女王・アンは、虚弱で気まぐれ。そんなアン王女に変わり幼馴染のサラは、権力を振るい、軍事にまで口を出していた。
ある日、アビゲイルという召使いを新しく雇い、彼女の行動にサラは目をかけるようになるが、アビゲイルの真の目的は、貴族の地位に返り咲くことだった・・・。

スタッフ・キャスト

監督:ヨルゴス・ランティモス
脚本:デボラ・デイヴィス
   トニー・マクナマラ
衣装:サンディ・パウエル

出演:
オリヴィア・コールマン: アン女王
エマ・ストーン: アビゲイル・メイシャム
レイチェル・ワイズ: マールバラ公爵夫人サラ

予告

みどころ・感想(ネタバレなし)

か・な・り、好みが分かれそうですが、私はとっても好きな世界観と物語でした!
美しい衣装や宮殿に対して、散りばめられたブラックジョークや、魚眼・広角を使った映像の違和感がクセになる!まさに英国版大奥でしたし、過激なベルばらみたいで、ドロドロしたのが好きな方は楽しめるのではないでしょうか。
とにかくラストのゾワっと感は、上半期1番かもしれません。。。
下手なホラーより怖い!!

衣装デザイナーは、恋に落ちたシェイクスピア、シンデレラ、メリーポピンズ リターンズなどを手掛けるサンディ・パウエルさんなので、好みすぎて全てのシーンがたまらなかったです!

タイトルやエンドロールのタイポグラフィが、お洒落な均等割り付けで好みすぎました。物語が苦手だったとしても、デザインが好きな方は、きっと楽しめる工夫が散りばめられた作品でした。

ただ、、、美しい映画だと思って観ると、なかなかブラックなので、付き合う前の二人で観るとかは、ちょっと気まずくなりそうなので要注意です。笑